水道水のトリハロメタンを除去しよう!浄水器では不十分!?

投稿日:

水道水のトリハロメタンの除去について

 

水道水 トリハロメタン 除去

水道水のトリハロメタンを除去することができればより安全に水道水を飲むことができます。

しかし、水道水のトリハロメタンは完全に除去することが難しく、一般的に普及している浄水器では全てのトリハロメタンを除去することができません。

ここでは、水道水のトリハロメタンを完全に除去する方法をご紹介したいと思います!

 

水道水のトリハロメタンとは?

生活していく上で毎日使用している水道水ですが、安全だと思われている中にも危険な成分が少なからず含まれているのをご存知でしょうか?

代表的なものに発がん性物質であるトリハロメタンがありますが、トリハロメタンは天然に存在する有機物(フミン質)と消毒用の塩素が反応して生成されてしまいます。

ですので、塩素消毒を行っている日本の水道水には必ずトリハロメタンが副産物として含まれてしまうことになるのです。

トリハロメタンはクロロホルム、ブロモホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタンの4物質の総称のことを言い、この中でもクロロホルムの割合が6~9割を占めています。

クロロホルムは麻酔薬や睡眠作用のある成分として知られていますが、クロロホルムの発ガン性は、米国国立ガン研究所によって腎臓ガン、肝臓ガンの発生が報告されています。

今はより安全性の高い成分が麻酔薬として使用され、クロロホルムの睡眠作用もドラマや映画のような作用はなく、多少吸引しても頭痛や吐き気、咳などがする程度です。

しかし、長時間吸引してしまった場合はうつ病状態、食欲不振、幻覚、運動失調、発声障害などの精神、神経症状が多発することが分かっています。

また、作業環境下で吸い込んだ場合、頭痛、吐き気、食欲減退などを引き起こし、慢性的な中毒としては、脾臓の肥大、肝臓の肥大、血清酵素活性の増加ならびに脂肪肝などが確認されているのでとても危険な成分なのです。

クロロホルムの他にも、ブロモホルムにも発がん性があることが分かっており、その他のブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタンは新生児に奇形を発生させる催奇形性物質(さいきけいせいぶっしつ)であることが分かっています。

このように、トリハロメタンは人体を脅かすとても危険な成分なのですが、日本の水質基準は諸外国よりもさらに厳しく検査されています。

水道水 トリハロメタン 除去

水道水の水質基準

水道水には厚生労働省が定める、水質基準項目と基準値が51項目あり、厳しい検査が義務づけられています。

また、水質管理において留意する必要がある項目として、水質管理目標設定項目と目標値26項目、さらには毒性評価の定まらない用検討項目と目標値に47項目と、日本の水道水の水質基準はかなり高いと言えます。

水道水 トリハロメタン 除去

参考:厚生労働省

その中で、トリハロメタンの基準値は0.1mg/L以下に定められているので、水1ℓ中に0.1gのトリハロメタンに抑えるよう義務づけられています。

●トリハロメタン…0.1mg/L以下(1ℓ当たり0.1mg 以下の総称)

 

●クロロホルム…0.06mg/L以下(1ℓ当たり0.06mg 発がん性あり)

 

●ブロモホルム…0.09mg/L以下(1ℓ当たり0.09mg 発がん性あり)

 

●ブロモジクロロメタン…0.03mg/L以下(1ℓ当たり0.03mg 催奇形性物質)

 

●ジブロモクロロメタン…0.1mg/L以下(1ℓ当たり0.06mg 催奇形性物質)

 

厚生労働省では「70年間、毎日2ℓ」の水道水を飲み続けたとしても人体に影響を与えることはないと発表していますので、トリハロメタンやその他の有害物質で健康被害にあうことはまずないかと思います。

しかし、厚生労働省が厳しく定めていても、地域によってはその含有量が異なってしまいます。

代表的なものに「塩素」があります。

水道水に含まれている残留塩素濃度は0.1~1.0mg/Lに定められていますが、地域によっては1.0mg/Lの塩素濃度を超える量が検出されてしまうことがあるのです。

水道水 トリハロメタン 除去

水道水の残留塩素濃度が高いと臭いや味に違和感を生じ、浄水器などの水質処理を施さないと飲めない場合もある程です。

また、水道管の老朽化や放射線物質の水質汚染など、安全だと考えていた日本の水道水の水質は一概に安全と呼べなくなってきているのが現状です。

水道水 トリハロメタン 除去 水道水 トリハロメタン 除去

それに、水道水に含まれている有害物質はトリハロメタンだけではなく、先の「塩素」や「放射線物質」など、様々な成分が含まれてしまっています。

水道水 トリハロメタン 除去

POINT

※フィルターについてはこの後詳しくご説明致します。

これら全ての有害物質を取り除くにはご家庭のみでできる対処方法は少なく、浄水器などの機械に頼らざるを得ません。

しかし、水道水の安全をさらに守る浄水器ですらトリハロメタンの除去には不十分な要素が含まれています。

水道水 トリハロメタン 除去

水道水のトリハロメタンを除去する方法

水道水のトリハロメタンを除去する方法ですぐに思いつくのが、煮沸と浄水器による方法です。

●煮沸

 

●浄水器

 

●煮沸

水道水 トリハロメタン 除去

水道水を煮沸することでトリハロメタンの除去することができるのですが、煮沸後すぐに止めてしまうとトリハロメタンは増加してしまいます。

トリハロメタン増加率

水道水 トリハロメタン 除去

完全に水道水のトリハロメタンを除去したいのであれば、煮沸を約50分もの間し続ける必要があるのですが、毎回約50分間煮沸するのは現実的ではありません。

また、トリハロメタンは大気中にも存在することができるので、煮沸後気化したトリハロメタンを吸引しないように十分な喚起をする必要もあります。

さらに、トリハロメタンを除去するにはフタの付いた器具は好ましくありません。

フタが付いているとうまくトリハロメタンを除去できないどころか、煮沸することで塩素も同時に除去できるはずが、塩素の除去もうまく行えない事態となってしまいます。

仮に、毎回約50分間煮沸し続けるとした場合、今度は鍋などの金属類が水道水に溶け込む危険性を有してしまうので、かえって安全ではなくなってしまいます。

POINT

※鍋などから溶け出す鉛やカドミウムを体内に取り込んでしまうと、体内から排出することは難しく骨に吸着して貧血、血液変化、神経障害、胃腸障害、腎臓障害、骨軟化症、致死など、人体に甚大な悪影響を及ぼしてしまいます。また、カドミウムは富山県神通川流域のイタイイタイ病の原因になった物質でもあります。ちなみに、100円ショップなどで販売されている調理器具などは、もろく金属類が溶けだしやすいので注意が必要です。

このように、水道水を煮沸することでトリハロメタンを完全に除去するのは難しく、煮沸後10分~15分間煮沸し続けることが一般的な方法として知れ渡っています。

それでも毎回行うのは至難の業となってしまいますね。

●浄水器

水道水 トリハロメタン 除去

水道水を綺麗にしたいと考えた場合、まず思いつくのが浄水器の取り付けではないでしょうか。

浄水器には6つのタイプがあります。

蛇口直結型(除去率80%)…取り付けも簡単で価格も手頃なことから浄水器の中で1番人気のあるタイプが蛇口直結型の浄水器です。しかし、フィルター交換は2~4ヶ月に1度行わなければならず、フィルターは別売りですので、想像以上に手間と費用が後々かかります。

据え置き型(除去率80%~90%)…その名の通り置き型の浄水器となっているので、置くスペースを必要としますが、フィルター交換は半年~1年と長く持つので、購入した後の手間は少ないのが特徴です。

ビルトイン型(除去率80%~90%)…アンダーシンク型とも呼ばれるビルトイン型の浄水器は、シンク下に設置するタイプの浄水器となっています。キッチン周りをスッキリ見せることができますが、費用が高いのが難点となっています。フィルター交換は1年に1回程度で良いので一度設置してしまえば、不自由なく使用することができるのではないでしょうか。

水栓一体型(除去率80%)…蛇口の内部に浄水器を設置タイプが水栓一体型の浄水器です。見栄えを気にする必要がありませんので、使い勝手が良いのですが取り付けていることを忘れ、フィルター交換やメンテナンスを怠りがちになってしまうのが難点なのではないでしょうか。フィルター交換は3ヶ月~半年程度です。

逆浸透膜(RO)(除去率99.9%)…水道水に含まれているほぼ全ての有害物質を除去することができる唯一の浄水器となっています。フィルター交換は半年~1年と長持ちしますので、取り付けてしまえば利便性も良く安全な水道水を飲むことが可能です。しかし、価格が非常に高いのが難点です。

ポット型(除去率80%)…ポットに浄水器が取り付けられているタイプの浄水器となります。こちらも蛇口直結型と同じく人気を集めていますが、ろ過速度が遅いのでゆっくりと注ぐ必要があり、勢いよく注いでしまうとうまく有害物質を除去できないことがあります。フィルター交換も2~4ヶ月と早く取り換える必要がある為、想像以上に手間と費用が後々かかります。

水道水 トリハロメタン 除去

浄水器には、除去可能な物質の目安として13種類の物質を基準としているもが多く、そのフィルターは中空糸膜を使用しているものが大半で除去率は80%となっています。

こちらの表をもう一度見て下さい↓↓

水道水 トリハロメタン 除去

POINT

※ナノトラップフィルターはこの後ご紹介するウォータースタンドの除去率となっています。

一般的に普及している蛇口直結型やポット型、水栓一体型などの浄水器の除去率がマイクロフィルターウルトラフィルター(中空糸膜)となっています。

表を見ると、トリハロメタンの除去にマイクロフィルターやウルトラフィルター(中空糸膜)が届いていないことが分かるかと思います。

しかし、浄水器の販売説明欄を見るとトリハロメタンを除去できるとの記載が書かれている場合が多く矛盾を感じることがありますが、これは中空糸膜がトリハロメタンを除去しているのではなく、付属されている活性炭によるトリハロメタンの除去を示しています。

水道水 トリハロメタン 除去

浄水器には中空糸膜に活性炭が付属しているタイプが多く、活性炭はトリハロメタンやその他の有害物質を吸収させ除去することができるようになっています。

ですが、活性炭の吸収力には限度があるので、フィルター交換を怠ってしまうとトリハロメタンを除去することができなくなってしまいます。

また、活性炭は全てのトリハロメタンを除去することは難しい為、除去率の記載は80%と記載されています。

浄水器を取り付けてメンテナンスや清掃を行わずに水質を検査した所、浄水器を付けずにそのまま検査した時よりも、安全基準値の2倍上回る細菌やウイルスが確認された結果も残っているので、定期的なメンテナンスや清掃は注意して行うようにしたいですね。

浄水器でもトリハロメタンを何の心配もなく完全に除去できる逆浸透膜(RO水)を取り付けることは可能ですが、費用面が高く一般的にはまだまだ普及されていない方法となっています。

ここで、感の良い方ならウォーターサーバーの設置を思いつくかと思います。

たしかにウォーターサーバーでも逆浸透膜(RO水)を使用することは可能です。

水道水 トリハロメタン 除去

RO水と記載してあるウォーターサーバーが、逆浸透膜(RO水)を使用しているウォーターサーバー会社となります。

ここに記載したウォーターサーバー会社はどれも有名ですので、トラブルがあった際にも迅速に対応してくれるかと思います。

ですが、記載した価格は月の最低注文水量ですので、使用する水の量が多ければ多いほど費用は高くなってしまいます。

トリハロメタンを完全に除去したいのであれば、料理に使用する水もトリハロメタンを除去しなければ意味がありません。

しかし、ウォーターサーバーの水を料理にも使用するとなると、毎月の費用がかさみコスパが悪くなってしまいます。

ではどうすれば良いのか。

逆浸透膜(RO水)をコスパ良く取り付ける方法が1つだけあるので、詳しくご紹介したいと思います☆

水道水 トリハロメタン 除去

水道水のトリハロメタンを完全に除去する方法

浄水器でもウォーターサーバーでもなく、水道水のトリハロメタンを完全に除去する方法として、ウォータースタンドを水道水に取り付ける方法があります。

水道水 トリハロメタン 除去

ウォータースタンドは、浄水器の置き型タイプと同様設置に置くスペースを必要としますが、水道水に含まれている有害物質の除去率はナノトラップフィルターであれば99.5%、逆浸透膜(RO)であれば99.9%とほぼ全ての有害物質を除去することができます。

費用面も浄水器の逆浸透膜(RO)や天然水を購入する場合、ウォーターサーバーを契約する場合よりも安価に取り付けることができるので、コスパ良く水道水を使用することができるようになっています。

水道水 トリハロメタン 除去 水道水 トリハロメタン 除去

POINT

※ウォータースタンドの水代は水道水の料金です。地域によって異なりますが、東京を例にすると1日10ℓずつ使用したとしても、水道代はナノラピアシリーズでは月60円程、プレミアムラピアシリーズでは月180円~240円程度(1ℓあたり約0.2円)です。一般的な家庭で使用する水の量は料理を合わせると毎月300ℓ程となっています。

また、浄水器のように定期的なメンテナンスや清掃、フィルター交換を自信でする必要がなく、担当のスタッフが定期的に全てを行ってくれるので常に水道水を綺麗に保つことが可能です。

水道水 トリハロメタン 除去

メンテナンスなどの費用は毎月のレンタル代に含まれているので、後々費用がかかることはありません。

さらに、ウォータースタンドならウォーターサーバーのように冷水温水常温水を自由に使用することができるので、料理や晩酌、赤ちゃんのミルク作りと利便性が高く用途は様々です。

水道水 トリハロメタン 除去 水道水 トリハロメタン 除去

水道水のミネラルを残しつつ、トリハロメタンを除去したいのであればナノラピアシリーズ、ほぼ全ての有害物質を除去したいのであれば逆浸透膜(RO)が良いかと思います。

水道水の安全を確保しながら、より快適に日々の生活を過ごすことができるウォータースタンドで、あなたの生活をさらにより良いものにして行きましょう!

ウォータースタンドについてもっと詳しく知りたい方は、下記のトップページを参考にして下さいね↓↓(*´ω`*)

 

ウォータースタンドの口コミ&評判まとめ!浄水器と何が違うの?

 

水道水 トリハロメタン 除去

水道水 トリハロメタン 除去

水道水のトリハロメタンの除去についてのまとめ

ここでは、水道水のトリハロメタンを除去することについて書いていきました。

水道水の安全は厚生労働省が定める水質基準にて厳しく検査されていますが、地域によっては水質汚濁や水質トラブルが起こっているのが現状です。

あなたのお住まいの地域の水質をチャックしてみると、思っていた以上に水質汚濁が進んでいるかもしれません。

諸外国よりも安全な水道水の水質を保っている日本ですが、海外では水道水を飲料用とするのではなくあくまで生活用水として用いられることが普通ですので、水道水の水を飲んでいる私達を見て驚かれる外国人の方は多いです。

海外では飲料用の水はペットボトルを購入するのが一般的に普及している方法となっています。

どれだけ安全だと言えど全国の水質を維持することは難しいので、トリハロメタンやその他の有害物質を完全に除去し、水道水の安全をより快適に保つ為にもウォータースタンドをおすすめします。

トリハロメタンの脅威をなくし、あなたがこれ以上悩まない生活を送られることを祈っていますね☆彡

水道水 トリハロメタン 除去

水道水 トリハロメタン 除去

-水道水についての関連記事  

Copyright© ウォータースタンドの口コミ&評判まとめ!浄水器と何が違うの? , 2019 All Rights Reserved.